Top of page.Skip to main contents.Skip to main menu.Skip to footer.

海洋生物付着防止装置(MENES TypeC)MGPS

海水を直接電解し、次亜塩素酸ソーダを発生させることで、海水設備への海洋生物の付着を防止します。(MGPSは当社の登録商標です。)

用途

下記プラントおよび船舶の海水使用箇所

火力発電所、原子力発電所、LNG基地、LPG基地、海水淡水化プラント、石油精製プラント、肥料プラント、化学プラント、製鉄プラント、各種プラント、海洋構造物、石油掘削船、各種作業船、艦艇、一般船舶臨海沿岸下水処理場の滅菌用、野菜・魚介類の鮮度保持用

詳細

海水を大量に使用するプラントにおいては、取水口や配管、復水器、各種冷却器などの海水と接する部分の藻類や貝類の着床繁殖が大きな問題となります。

海洋生物付着防止装置(MGPS)は、天然の海水をそのまま電気分解して次亜塩素酸ソーダを生成させ、取水口に注入することにより、効果的に藻類や貝類(フジツボ、ムラサキ貝等)などの海洋生物の付着を抑制する装置です。

放流口では、次亜塩素酸ソーダがほとんど消費されてもとの海水に戻るように設計されていますので、まったく無公害なものとして安心してご使用いただけます。

  • ・安全かつ無害
  • ・生物付着防止効果が大きい
  • ・運転管理が容易
  • ・ランニングコストが安い
  • ・非常にコンパクト
  • ・豊富な納入実績

消毒・殺菌・漂白装置

海水や塩水の電気分解により高品質の次亜塩素酸ソーダを作り、次亜塩素酸ソーダの強力な消毒・殺菌・酸化力により滅菌や漂白を行います。

脱臭装置

電解液の酸化力により排ガス中の悪臭成分を酸化分解します。