Top of page.Skip to main contents.Skip to main menu.Skip to footer.

三菱ガス化溶融システム

ごみ処理フロー

安定したガス化燃焼

ホッパおよびシュート部は、長年の経験と研究に基づき、最も理想的な角度・形状を設定。アーチングおよび逆火を防ぎ、炉内を完全にシールすることが可能です。

鉄・アルミのリサイクル

ごみの質や量に応じて、フィーダの速度およびストロークが調整自在。ごみを炉内に安定供給できます。

熱分解ガスで灰溶融

竪型旋回溶融炉では、排ガスは上部から、溶融スラグは下部中央から排出されます。熱分解ガスに同伴された灰は、溶融炉下部の旋回流部に吹き込まれ、溶融したスラグが炉底から抜き出されます。ダイオキシンは溶融の過程で完全に分解されます。

スラグの再資源化

溶融炉から排出されるスラグは、冷却固化され、アスファルト骨材などに再資源化させます。

高効率ダイオキシン除去

溶融炉排ガスは、減温塔で水噴霧により減温されたのち、消石灰が吹き込まれ、排ガス中のダスト、HCl、Soxが反応集じん装置において反応除去されます。ダイオキシンも高効率で除去されます。

シンプルでコンパクトな最先端技術

  • ・独自の給じんシステムによりごみを安定供給
  • ・流動空気・給じん量自動制御によりガス化炉内の温度を安定化
  • ・往復動式排出装置の採用による不燃物の安定排出
  • ・低酸素雰囲気部分燃焼による不燃物の未酸化回収
  • ・冷却壁構造により耐火物を長寿命
  • ・高温燃焼によりダイオキシン完全分解
  • ・コンパクトな竪型旋回溶融炉の採用
  • ・排ガス量低減によりボイラ効率(発電効率)向上
  • ・低温バグフィルタにより高効率ダイオキシン除去