Top of page.Skip to main contents.Skip to main menu.Skip to footer.

ロータリーキルン炉

特長

広範な対象物に適応

再燃焼室に後燃焼ストーカを併設しており、木くず、汚泥等の混焼をはじめ、広範な廃棄物に適応します。

高発熱量の廃プラスチック類を適正処理

「抑制燃焼方式」を用いることで、高発熱量の廃プラスチック類をロータリーキルン内でガス化し、再燃焼室で完全燃焼することにより、黒煙が発生せず、未燃灰が極小化されます。

廃熱の有効利用

汚泥などの高含水率廃棄物は、燃焼排ガスを熱源とする乾燥設備を併設することで処理比率を高めることができます。また、蒸気タービンの設置により、場内消費電力の低減化を行うことが可能です。

廃油・廃液類も適切に処理

再燃焼室に廃油バーナおよび廃液噴霧ノズル等を設置することにより、廃油・廃液類も適切に処理します。

代表プロセスフロー

抑制燃焼方式

キルン入口に循環ガスを挿入。輻射熱と合わせて、キルン内に廃プラスチック類の熱分解に必要な温度領域と最適な燃焼場を形成させます。キルン内で廃プラスチック類はガス化し、再燃焼室で十分な空気と接触、完全燃焼します(抑制燃焼方式)。従って不完全燃焼による黒煙が発生せず、未燃灰が極小化されます。一方、木くず、汚泥等はキルン内で乾燥された後、後燃焼ストーカで積極燃焼します。