Top of page.Skip to main contents.Skip to main menu.Skip to footer.

循環型流動炉

地球温暖化防止や省エネルギー化に対応すべくCFB-炉内脱硫システムを開発し、N2Oの低減による温室効果ガス排出量の削減、および炉内脱硫・高温安定燃焼・二段燃焼によるランニングコストの削減を実現し、地球環境に貢献しています。

特長

温室効果ガス排出量低減

  • ・高温安定燃焼

    燃焼温度の高温化を図り、N2Oを大幅に低減します。

  • ・炉内脱硫

    炉内脱硫によりさらにN2Oを低減できます。

ランニングコスト低減

  • ・炉内脱硫

    従来の排煙処理塔が不要となり、脱硫材は安価な石灰石を用いることにより、コスト低減となります。

  • ・高温安定燃焼・二段燃焼

    汚泥を高効率に燃焼することで助燃料を低減でき、さらに二段燃焼によりブロワ動力を低減できます。